BLOGブログ
BLOG

肉離れ(筋断裂・筋損傷・筋挫傷・こむら返り)の原因と治療・予防方法について【藤沢駅南口徒歩3分のたちばな通り整骨院がお届け】

2019/06/19

肉離れ(筋断裂・筋損傷・筋挫傷・こむら返り)

について

 

 


肉離れ(筋断裂・筋損傷・筋挫傷・こむら返り)目次


 

 

 

①肉離れとは?

②肉離れの症状とお悩み

③肉離れの原因

④肉離れの当院の対応方法

⑤肉離れの論文や最新情報

⑥肉離れの実際の施術レポート、症例データ)

 

 

 

 


肉離れとは?


 

 

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態。スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症。肉離れを起こすと、その瞬間に筋肉の断裂音が聴こえることもある。

 

 

肉離れの種類

 

 

肉離れの損傷度と治療分類

 

 

肉離れの損傷部位の詳細

 

 

肉離れの修復と再発のリスク

 

 

 


②肉離れの症状とお悩み


 

 

運動中にブチっと音がした

痛くて走れない

痛くてスポーツの練習ができない

力を入れると痛い

ももの裏、ふくらはぎ、もも前を痛めてしまった。

筋肉が伸ばされると痛い

肉離れがなかなか治らない

運動すると再発してしまう

昔痛めた場所がよく痛む

昔痛めた場所をよく怪我してしまう

朝、足がつってしまう

走っている途中で肉離れを起こした。

ジャンプの着地で痛めてしまった。

痛めたところに内出血がある。

痛めたところに陥没がある。

 

 

 

 


③肉離れの原因


 

 

肉離れは、筋肉が急激に収縮する場面において発症します。筋肉が伸び縮みすることによって、ダッシュをしたり、ものを持ち上げたりして体を動かしています。

 

ですが、筋肉の伸び縮みに、筋肉の繊維がうまく対応できない場合、筋肉が断裂し、肉離れが生じます。

 

肉離れを起こしやすい筋肉として、特に太ももの裏やふくらはぎの筋肉に生じます。その他にも、太ももの内側の筋肉など、下肢の筋肉は肉離れを起こします。

 

肉離れを起こしやすい状況として筋肉がうまくほぐれていないときに発症します。筋肉が硬いと、筋肉が収縮にうまく対応することができなくなってしまうため、断裂が生じます。

 

まとめると

疲れて筋肉が硬い

柔軟性が低く筋肉が伸びない。

疲労回復がうまくできていない。

筋力・持久力不足で疲れやすい

疲れやすい体の使い方になっている。

緊張が強い状態でのパフォーマンス

などが挙げられます。

 

これらを解消していくことで負傷のリスクが軽減できます。

 

 

 


肉離れの治療法と当院の対応方法


 

 

肉離れの治療方法には、保存療法と手術療法があります。

肉離れでは、症状出現・即手術となるケースはほぼ存在しません。まずは保存療法により改善を図ります。

 

 

 

【一般的な保存療法】

 

まずは安静にし、アイシング等で痛みの軽減を図り、練習量の見直しや環境の見直しを行います。病院では痛み止めの注射を行う場合もあります。

 

スポーツシーンではテーピング・サポーター・装具による患部の負担軽減を行います。

 

筋肉部分の熱感が落ち着いたら(急性期を過ぎた状態)、筋のマッサージ、ストレッチを行い筋肉の柔軟性を高めます。

 

体幹トレーニングや各部の柔軟性の向上の為のストレッチを行います。

 

通常であれば3~4ヵ月で競技に復帰します。

 

 

 

 

 

【当院の解決方法】

 

 

治療期間が長期化してしまう事(厳密に言えば復帰までのマネジメント不良で、スポーツの完全復帰までに時間がかかる場合があるのが肉離れです。

また修復時に傷口にできる瘢痕組織(カサブタのようなもの)が肉離れの対応の中で重要になります。

 

 

      

瘢痕組織は損傷した筋肉を埋めて繋げてくれます。

 

 

 

左は正常

中は怪我をした時

右は修復されて治った時で繊維の方向がバラバラな為、伸びたり・縮んだりがうまくできなくなります。

 

※明らかに正常の筋肉とは違うもので修復されますので、できる限り小さい状態で対応した方が再発を防げます。

 

 

当院では患者様のニーズを聴取し、可能な限りの早期復帰を目指していく事を第一に施術プランの作成をしていきます。

 

 

また外的な要因を解決していく事は重要ですが、機能的な要因を解決していく事もそれ以上に重要と考えております。施術と並行し身体の機能改善にも取り組み、競技復帰後は、障害発生以前よりもパフォーマンスを向上させる事を目的としたリハビリも積極的に行っていきます。

 

 

総合的な回復改善期間や予算などのニーズを把握し、最適な施術プランを作成していきます。

 

 

 

 

 

施術の流れ

1:問診

2:徒手検査、整形外科的テスト法に基づく検査(病態検査)

3:身体機能評価

4:生活習慣、食事の調査とアドバイス

5:説明とプラン作成、質疑応答

6:施術

 高周波治療器(鎮痛、消炎、腫れの軽減を目的)

 MCR機器(鎮痛、消炎、腫れの軽減を目的)

 RICE処置(鎮痛、消炎、腫れの軽減を目的)

 スポーツ整体(保険診療の場合は軽擦法など)

 固定(テーピング、サポーター)

7:質疑応答

8:ラインでのアフターフォロー

 

 

 


肉離れ(筋断裂・筋損傷・筋挫傷・こむら返り)の論文や最新情報


 

 

 

 


⑥リンク(肉離れ(筋断裂・筋損傷・筋挫傷・こむら返り)の実際の施術レポート、症例データ)


 

藤沢市たちばな通り整骨院TOP

藤沢駅近くのたちばな通り整骨院のスポーツ整体の症例集

たちばな通り整骨院ボランティアトレーナー


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
たちばな通り整骨院
藤沢市鵠沼橘1-1-15 2F
JR東海道線・小田急線・江ノ電藤沢駅徒歩3分  江ノ電石上駅徒歩7分
月~金曜日 9:30~13:00/15:00~19:30
土曜日   9:00~14:00
日曜日・水曜日・祝祭日は休診

Tel:0466-24-8577
お問い合わせはお電話、ライン、メールにて承ります

対応エリア
藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、大船、鎌倉、藤沢駅、江ノ電、小田急線、東海道線、横浜、平塚、湘南、湘南台、長後、藤沢本町

対応
健康保険、労災、自賠責保険、ギックリ腰、ムチウチ、酸素カプセル、交通事故治療、寝違え、捻挫、骨折、産後の骨盤矯正、マタニティマッサージ、骨盤矯正

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇