BLOGブログ
BLOG

雪山救護班レポート

2020/02/17

雪山救護班の当番になり参加したレポートです

 

今回は救護班、医師、整骨院の連携で行なわれました。

 

雪が少ない中、このスキー場の来場者数は凄まじく、負傷者も多くみられました。

 

骨折、頭部外傷、打撲などですが

 

多くは創傷や骨折です

 

救護室で負傷者の対応を行う中で

 

やはり骨折は早急にズレを近づけて固定することが優先されます。

そして、県外からの来場者が多いのでオペになるとしても、救急でスキー場の近くの病院に受診し、入院することもできない方もいます。

 

そのような怪我のカバーや生活を考慮したフォロー体勢をチームで行うことができました。

 

最後に医師と話していたことが

 

怪我の処置は速い方がいいのはもちろん

骨折では、近づけて固定するだけで手術しなくてもいい物もあるし、たとえ手術になっても近づけてくれると短い時間での手術になるので患者さんの負担が少ない。手術時間が長くなると麻酔や出血の量、感染の危険が増えるからね。しかも近づける操作が手術までの時間が開いてしまうととても時間がかかるんだよね。

だから、整骨院で行う応急処理には回復までの過程でとても必要なことです。

そして、その後のリハビリを行うことも負傷の時の状況も知っているし、社会的背景も考慮してくれるのでさらに復帰が早まるね。

 

やはりそれぞれの役割を果たし、連携することが患者さんにとって一番いいね。

 

との意見をいただきました。

 

このように外来、入院、日常生活、社会的背景を踏まえて当院も対応を強化していきたいと改めて確信しました。

 

※画像は許可を得ています

 

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
たちばな通り整骨院
藤沢市鵠沼橘1-1-15 2F
JR東海道線・小田急線・江ノ電藤沢駅徒歩3分  江ノ電石上駅徒歩7分
月~金曜日 9:30~13:00/15:00~19:30
土曜日   9:00~14:00
日曜日・水曜日・祝祭日は休診

Tel:0466-24-8577
お問い合わせはお電話、ライン、メールにて承ります

対応エリア
藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、大船、鎌倉、藤沢駅、江ノ電、小田急線、東海道線、横浜、平塚、湘南、湘南台、長後、藤沢本町

対応
健康保険、労災、自賠責保険、ギックリ腰、ムチウチ、酸素カプセル、交通事故治療、寝違え、捻挫、骨折、産後の骨盤矯正、マタニティマッサージ、骨盤矯正

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇