BLOGブログ
BLOG

体力の低下について

2020/06/24

皆さんこんにちは。

 

 

今回のテーマは「体力の低下」について。

 

 

テレワークでの仕事が増え、緊急事態宣言もあり今までよりも動く機会が減ってしまった方が殆どではないでしょうか?

 

当院に来院される患者さんからも「体力が落ちて・・・」という言葉をよく耳にします。

 

そこで今回は体力が低下する事による身体への影響について書いていきたいと思います。

 

 


 

 

目次

①体力とは?

②体力はどれぐらいで低下する?

③体力はどれぐらいで戻る?

④運動不足以外で体力が低下する原因とは?

⑤体力の低下の対策

⑥体力の低下のまとめ

 

 


 

 

①体力とは?

 

「体力とは、ストレスに耐えて、生を維持していくからだの防衛能力と、積極的に仕事をしていくからだの行動力をいう」 体力と身体適正より抜粋。

 

 

「体力は運動するための体力(行動体力)と健康に生活するための体力(防衛体力)に分けることができます。」体力の意義と求められる体力(文部科学省)より抜粋

 

 

つまり体力とは、『人が生きていくための基本的要素』と言えます。

 

体力がないと生きられず、仕事が出来ず、健康が保てなくなってしまうという事ですね。

 

 

 

 

②体力はどれぐらいで低下する?

 

体力低下の一番の原因はやはり運動不足によるものです。

 

海外の研究データによると、運動をしない期間が2週間続いただけで、筋肉と筋肉量が大幅に低下する事が判明しています。それは20代で28%、60代で23%も筋肉が低下してしまうそうです。

 

たった2週間運動をしないだけで、若者は3分の1、高齢者は4分の1もの筋力を失う事になってしまいます。

 

 

 

 

③体力はどれぐらいで戻る?

 

海外の研究データによると、筋力が低下した後に週に3~4回のトレーニングを6週間続けても元の筋肉量に戻らなかったという事が判明しています。

 

つまり、動かなかった期間の3倍の時間トレーニングを行っても、まだ筋力は戻らないという事になります。

 

一度落ちてしまった体力、筋力を戻していくのはとても大変という事ですね。

 

 

 

 

④運動不足以外で体力が低下する原因は?

 

1つは『加齢』によるものです。

加齢による体力の低下は避けようのないことで、20歳を過ぎると体力が誰でも少しずつ低下していきます。

 

もう1つの原因は『栄養不足』によるものです。

体内の栄養状態が不足していると、身体を動かすためのエネルギーを送ることが出来なくなってしまいます。

また筋肉や神経、内臓などに必要な栄養がそもそも足りない状態では、免疫力も低下し病気にもかかりやすくなるなど、更なる体力の低下にもつながります。

 

 

 

 

⑤体力の低下の対策

 

対策の中心は運動です。体力の低下に関しては間違いなく運動が一番重要になります。

 

日頃から軽くでも運動を行う事で、体力の低下を防ぐ事が可能となります。

 

ウォーキング、駅はエスカレーターを使わずに階段を使う、ストレッチ、ラジオ体操などの軽めの運動からまずは毎日始めてみるとよいかもしれないですね。

 

軽めの運動に慣れた方には、ぜひ筋力トレーニングにチャレンジして頂きたいです。

 

加齢に伴い筋力は低下しますが、その中でお尻や太腿などの大きな筋肉は特に衰えがみられてくる所です。

 

自粛期間で活動不足となっていた事もあり、下半身の筋肉は更に衰えてしまっている可能性も・・・

下半身の筋力トレーニングはスクワットやランジがおすすめです。

 

 

スクワットのやり方

テキスト が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

 

ランジのやり方

女性, スポーツゲーム が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

 

重要な下半身の筋肉、かつ大きな筋肉を鍛える事で効果的な筋力トレーニングが可能となります。

 

 

そして1日3食。バランスよく。五大栄養素を意識してしっかりと食べる事が重要です。

せっかくトレーニングをしても栄養を摂らなければ無駄に鍛えてしまう事になってしまいますね。

 

 

 

 

⑥ 体力の低下のまとめ

 

・体力とは『生きていく為の基本的要素』のこと

 

・運動不足が体力低下の一番の原因。

 

・2週間運動をしないだけで体力は低下する。筋力にすると若者は1/3、高齢者は1/4も失う。

 

・動かなかった期間の3倍トレーニングをしても、元通りにはならない。

 

・『加齢』と『栄養不足』によっても体力は低下する。

 

・一番の対策は運動。まずは日々のウォーキングや階段から。慣れたら筋力トレーニングを追加。下半身を鍛えるスクワットやランジがおすすめ。

 

・1日3食を必ず。五大栄養素を意識したバランスの良い食事を。

 

 

 

自粛生活で落ちた体力を少しずつ取り戻し、活力ある元気で健康的な生活をしていきましょう!!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
たちばな通り整骨院
藤沢市鵠沼橘1-1-15 2F
JR東海道線・小田急線・江ノ電藤沢駅徒歩3分  江ノ電石上駅徒歩7分
月~金曜日 9:30~13:00/15:00~19:30
土曜日   9:00~14:00
日曜日・水曜日・祝祭日は休診

Tel:0466-24-8577
お問い合わせはお電話、ライン、メールにて承ります

対応エリア
藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、大船、鎌倉、藤沢駅、江ノ電、小田急線、東海道線、横浜、平塚、湘南、湘南台、長後、藤沢本町

対応
健康保険、労災、自賠責保険、ギックリ腰、ムチウチ、酸素カプセル、交通事故治療、寝違え、捻挫、骨折、産後の骨盤矯正、マタニティマッサージ、骨盤矯正

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇