BLOGブログ
BLOG

熱中症を予防する水分の取り方

2020/08/24

皆さんこんにちは。

 

まだまだ暑い日々が続きそうですね。。。

 

コロナウイルスの影響もあり、人類史上初とも言えるマスク着用が推奨される夏となっています。

 

その様な中で一番気を付けなければいけない事は、

 

 

『熱中症』

 

 

今年は例年以上の猛暑もあり、既に2万人以上の方が熱中症にかかってしまった様です。ここから更に暑さが厳しくなるにつれ、更に増えて来る事は間違いないかと思います。命にも関わる熱中症。皆さんにも知って頂きたい事がとても多くあります。

 

 

そこで今回のテーマは、『熱中症の水分補給』について説明していきたいと思います。

 

 

 

 

目次

①熱中症とは?

②汗をかくと失われるのは水分だけではない。

③大事な事は水分補給+α

④おススメの飲み物

⑤熱中症の水分補給についてのまとめ!!

 

 

 

 

①熱中症とは?

 

熱中症とは、熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。(くすりと健康の情報局より抜粋)

 

 

つまり熱中症は暑さなどの『環境』と、『身体の状態』の2つが重なった時に起こり易くなると考えると良いかと思います。

 

 

 

 

 

 汗をかくと失われるのは水分だけではない。

 

暑くて汗を大量にかき、体内の水分が失われる事で熱中症は起こり易くなります。ここで『汗』について少し掘り下げていこうと思います。

 

 

人の身体には元々体温調節機能が付いているのですが、その機能の一つがになります。汗が蒸発する時の気化熱を自然と利用し、身体の表面から熱を奪い、体温を下げようと働いてくれます。

 

 

しかし、体内の水分を利用して汗をかいている訳ですので、汗をかけばかくほど、身体の中の水分は減ってしまう事になります。

 

 

そうすると身体の中の水分(体液)のバランスが崩れてしまい、筋肉や血管、神経や内臓など身体の様々な箇所に影響を及ぼす様になります。

 

 

それが結果として現れるのが熱中症という訳です。

 

 

ただここで気にして頂きたいのが、汗は水分だけではない。という事になります。

 

 

汗を舐めるとどんな味がするでしょうか?『しょっぱい』ですよね。しょっぱいとう事は、『塩味』です。

 

 

先程の①熱中症とは?。でもお伝えしてはいたのですが、汗をかくという事は『体内の塩分』も同時に失われているという事になります。

 

 

更に言えば、汗は身体の水分から作られていますので、体液に含まれる『塩分以外の身体の栄養素』も同時に失われてしまっているという事になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

③大事な事は水分補給+α

 

熱中症の予防に水分補給は必要ですが、ただ純粋に水分だけを補えばよいかというと、そうではありません。

 

 

先程もお伝えしましたが、重要な事は水分と同時に失われている『塩分、身体のその他の栄養素』も補うという事になります。

 

 

ではそれをどう補うかという所になるのですが、さすがに失われた栄養素を食事で摂るのは難しいですよね。

 

 

理想は吸収も早く、持ち運びでき、いつでも補う事の出来る液体の形が一番です。

 

 

 

 

 

④おススメの飲み物

 

水分と塩分・そしてその他の栄養素をまとめて補う事の出来るおススメの飲み物をご紹介したいと思います。

 

 

1 ミネラルウォーター500ml + 塩一つまみ + ほんの少しの砂糖(一つまみ以下)

 

2 麦茶 + 塩一つまみ + ほんの少しの砂糖(一つまみ以下)

 

3 ポカリスエットorアクエリアス500ml + ミネラルウォーター500ml を合わせたもの

 

4 経口補水液や熱中症予防水(市販の有名な所ではOS-1)

 ※1 2に関しては砂糖は無しでも大丈夫です。

 

 

ポイントは『水分補給』+『塩分補給』+『ミネラル補給』+『身体に必要な糖の補給』+『ビタミン類の補給』になります。全てを網羅するのは勿論なかなか難しいと思います。1~4も全てを網羅している訳ではありませんが、これであれば比較的簡単に出来るのではないかと思います。

 

 

 

 

 

⑤ 熱中症の水分補給についてのまとめ!!

 

・熱中症は環境と身体の状態が重なった時に起こり易くなる。

・汗は身体の体温調節機能の一つ。

・汗で失われるのは水分だけではない。

・塩分や身体に必要な栄養素も失われる。

・水分補給+塩分や栄養素の補給が必要。

・おススメの飲み物は上記参照。

 

 

 

喉が渇かない様に、定期的な水分補給を行って熱中症の予防をしてくださいね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
たちばな通り整骨院
藤沢市鵠沼橘1-1-15 2F
JR東海道線・小田急線・江ノ電藤沢駅徒歩3分  江ノ電石上駅徒歩7分
月~金曜日 9:30~13:00/15:00~19:30
土曜日   9:00~14:00
日曜日・水曜日・祝祭日は休診

Tel:0466-24-8577
お問い合わせはお電話、ライン、メールにて承ります

対応エリア
藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、大船、鎌倉、藤沢駅、江ノ電、小田急線、東海道線、横浜、平塚、湘南、湘南台、長後、藤沢本町

対応
健康保険、労災、自賠責保険、ギックリ腰、ムチウチ、酸素カプセル、交通事故治療、寝違え、捻挫、骨折、産後の骨盤矯正、マタニティマッサージ、骨盤矯正

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇