BLOGブログ
BLOG

10月病

2020/11/13

こんにちは。

 

たちばな通り整骨院です。

 

今年も残す所あと2か月となりました。11月になりましたが、今回は10月に多い悩みの一つ、

 

 

 

『10月病』

 

 

について説明していきたいと思います。

 

 

 

 

目次

①10月病とは?

②10月病は何故起きる?

③10月病の原因と言われているものは

④10月病の対策

⑤10月病のまとめ

 

 

 

 

 

①10月病とは?

 

 

10月病という言葉を聞いた事はあるでしょうか?10月病とは季節性うつ病(季節性感情障害)の通称という形になり、よく耳にする5月病と同じ扱いになります。

 

 

また「季節の変わり目は体調を崩し易い」と言う言葉もよく耳にするかと思います。気候や気圧の変化に身体がなかなか付いていく事が出来ず、体調を崩す事がある様に、同時に身体の内面やメンタル面も影響を受けている事があり、それが季節性うつ病(10月病)の症状と言えます。

 

 

 

 

②10月病は何故起きる?

 

 

では実際に10月病(季節性うつ病)が何故起きるかというと、これははっきりとした原因が判明していないのが現状です。

 

 

これは10月病や5月病が医学的に認められている病名ではない為、なかなか原因の追究という所まで至っていない事もあるのかもしれません。

 

 

 

 

③10月病の原因と言われているものは

 

 

はっきりとした原因が無い10月病ですが、一つだけ原因ではないかと言われているのが『日照時間の減少』です。

 

 

日照時間の減少 = 日を浴びる時間が短くなるという事です。

 

 

日を浴びる時間が短くなると、ホルモンの分泌量や分泌バランスが乱れてしまう可能性があり、結果として行動意欲や活動意欲が抑えられ、10月病の様な症状を引き起こすのではないか。と考えられています。

 

 

 

 

④10月病の対策

 

 

10月病の対策として有効な事は、大きく3つあります。

 

 

1:太陽の光を浴びる

 

先程日照時間の減少が原因ではないかと言われていると説明しました。朝起きたらカーテンを開けたり、日中に外出、散歩をする等をして短い日照時間の中で太陽の光を浴びる様にする事が重要です。

 

 

2:適度な運動をする

 

運動も10月病の対策として有効です。身体を動かす事により低下してしまったホルモンの分泌を促す事が出来ます。出来れば太陽の光を浴びれる日中に行うのがベストですね。

 

 

3:栄養バランスの良い食事を意識する

 

栄養バランスの良い食事は絶対的に必要と言ってもよいかもしれません。10月病の改善に必要なホルモンは、全て食事からの栄養素が元となっています。バランスの良い食事を心掛けて、身体の中からも10月病の対策をしていけると良いですね。

 

 

 

 

⑤10月病のまとめ

 

・10月病は季節性うつ病(季節性感情障害)の事。

・いわゆる5月病と同じ。

・はっきりとした原因は分かっていない。

・原因の一つと言われているものが、日照時間の減少。

・太陽の光を浴びる、適度な運動をする、バランスの良い食事を摂り対策を。

 

 

 

 

5月、10月だけでなく、11月にも同様の症状は発生しやすいです。少し意識して普段の生活を過ごしてみるとよいかもしれないですね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
たちばな通り整骨院
藤沢市鵠沼橘1-1-15 2F
JR東海道線・小田急線・江ノ電藤沢駅徒歩3分  江ノ電石上駅徒歩7分
月~金曜日 9:30~13:00/15:00~19:30
土曜日   9:00~14:00
日曜日・水曜日・祝祭日は休診

Tel:0466-24-8577
お問い合わせはお電話、ライン、メールにて承ります

対応エリア
藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、大船、鎌倉、藤沢駅、江ノ電、小田急線、東海道線、横浜、平塚、湘南、湘南台、長後、藤沢本町

対応
健康保険、労災、自賠責保険、ギックリ腰、ムチウチ、酸素カプセル、交通事故治療、寝違え、捻挫、骨折、産後の骨盤矯正、マタニティマッサージ、骨盤矯正

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇