BLOGブログ
BLOG

運動効果を高めるポイント

2021/10/09

ようやく本格的な秋となりました。秋と言えば運動の秋。体質改善や運動不足解消、またダイエットのためにと様々な目的で運動を始める方も多いのではないでしょうか。今回のブログではその様な方に向けて運動効果を高めるポイントをお伝えしていきたいと思います。これを意識して運動を行う事で効果を飛躍的に高める事が可能だと思います。

 

 

 

今回のテーマは

 

 

『運動効果を高める3つのポイント』

 

 

について。

 

 

 

 

目次

➀ 運動効果を高めるポイント その1

➁ 運動効果を高めるポイント その2

➂ 運動効果を高めるポイント その3

➃ 運動効果を下げてしまうのは

➄ 運動効果を高める3つのポイントのまとめ

 

 

 

 

 

➀ 運動効果を高めるポイント その1

 

運動効果を高めるポイントの1つ目は『ウォーミングアップを行う事』です。そしてその内容は通常のストレッチなどの静的な身体を動かさないものではなく、『ダイナミックストレッチ』などの様な動的に身体を動かすものがおススメです。

 

 

運動前にウォーミングアップを行う事で身体を温め、身体の各部位に血流を送り心拍数を上げ、筋肉や関節の柔らかさを出していく事が出来ます。車で言うとアイドリングになりますね。予めある程度身体を温めておく事で、運動効果を上げる事が出来ます。

 

 

またウォーミングアップにダイナミックストレッチを行う事はケガの予防にも繋がります。逆に運動前に静的ストレッチ(スタティックストレッチ)を行った場合はケガが増加するというデータもありますので、運動効果を高めるだけではなく、様々な面からもウォーミングアップにダイナミックストレッチがおススメと言えるかと思います。

 

 

どの様なダイナミックストレッチが良いかと言いますと、これは何でも大丈夫です。普通に全身を動かす体操でもラジオ体操でも大丈夫です。全身まんべんなく動かす事を意識して5分程行うと良いかと思います。

 

 

 

 

➁ 運動効果を高めるポイント その2

 

運動効果を高めるポイントの2つ目は『速筋と遅筋の両方に刺激を入れる』事です。

 

 

筋肉には『速筋』と呼ばれる『瞬発力・パワー』を使う時に主に働く筋肉と『遅筋』と呼ばれる『有酸素運動、持久系運動』を行う時に主に働く2つが存在します。スポーツ選手で例えると速筋は陸上の100m選手遅筋はマラソン選手というイメージです。

 

 

 

 

では何故この両方の筋肉に刺激を入れた方が運動効果が高まるかというと、それぞれの働く効果が違うからになります。

 

 

速筋は瞬発力、パワーの時に働く筋肉ですので、刺激を入れて鍛える事で筋肉量が増えます。筋肉量が増えるという事は同じ運動をしていても消費カロリーが多くなるというメリットがあります。

 

 

逆に遅筋は有酸素運動、持久系運動の時に働く筋肉です。遅筋のエネルギー源となるのは脂肪。脂肪燃焼はつまりダイエットに繋がってくるという事になります。

 

 

勿論ダイエットを目的に行う方でなくても、両方に刺激を入れてあげた方が良いです。遅筋の方は日常生活や仕事、ウォーキングなど使用する機会は比較的多いですが、速筋の方は普段使う事は余りありません。また年齢と共に衰えが目立ってしまうのも速筋と言われています。

 

 

ここ1・2年はコロナもあり遅筋を使う機会も減ってしまっているため、尚更両方の筋肉にしっかりと刺激を入れてあげると良いのではないでしょうか。

有酸素運動+筋力トレーニング。これが運動する時の理想と言えるかと思います。

 

 

 

 

➂ 運動効果を高めるポイント その3

 

運動効果を高めるポイントの3つ目は『運動前にコーヒーを飲む』です。一見突拍子もない内容ですが、実は効果があります。

 

 

コーヒーには『カフェイン』が含まれていて、カフェインは『脂肪燃焼』効果を持ちます。つまり運動前にコーヒーを飲むだけで脂肪燃焼効果が高くなりやすくなるという訳なんですね。ちなみにブラックコーヒーで飲む事が前提となります。

 

 

文字が書かれている

中程度の精度で自動的に生成された説明

 

 

カフェインが含まれている飲み物は他にも『緑茶』があります。緑茶も同様に効果が出ますので、ブラックコーヒーが苦手という方はこちらがおススメとなります。

 

 

また摂取する時間としては運動1時間ぐらい前を目安とすると良いですね。運動中はコーヒーや緑茶ではなくお水を飲むとよいかと思います。

 

 

 

 

➃ 運動効果を下げてしまうのは

 

運動効果を高めるポイントを3つお伝えしましたが、逆に運動効果を下げてしまうのは何かといいますと、この3つのポイントの逆を行う事になります。

 

 

・ウォーミングアップをせずに運動を開始する。

・静的ストレッチ(スタティックストレッチ)を運動開始前に行う。

・速筋、遅筋どちらかのみばかりトレーニングを行う。

・運動前に甘い飲み物を取る。

・運動中に水分を摂取しない。

 

 

静的ストレッチを行わないという事以外はそこまで無理な事はしていないかと思います。運動を行うのであればやはり効果最大で運動出来た方が良いですよね。

 

 

 

 

➄ 運動効果を高める3つのポイントのまとめ

 

・運動前にウォーミングアップを行う。

・ウォーミングアップには動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)がおススメ。

・速筋と遅筋の両方を鍛える。

・筋力トレーニング+有酸素運動がおススメ。

・運動開始1時間前にコーヒーを飲む。

・緑茶でもOK。

・運動中の水分摂取も忘れずに。

 

 

運動効果を最大限高めて楽しく運動をしてくださいね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
たちばな通り整骨院
藤沢市鵠沼橘1-1-15 2F
JR東海道線・小田急線・江ノ電藤沢駅徒歩3分  江ノ電石上駅徒歩7分
月~金曜日 9:30~13:00/15:00~19:30
土曜日   9:00~14:00
日曜日・水曜日・祝祭日は休診

Tel:0466-24-8577
お問い合わせはお電話、ライン、メールにて承ります

対応エリア
藤沢、本鵠沼、鵠沼海岸、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、大船、鎌倉、藤沢駅、江ノ電、小田急線、東海道線、横浜、平塚、湘南、湘南台、長後、藤沢本町

対応
健康保険、労災、自賠責保険、ギックリ腰、ムチウチ、酸素カプセル、交通事故治療、寝違え、捻挫、骨折、産後の骨盤矯正、マタニティマッサージ、骨盤矯正

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇