Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

足首の捻挫の早期復帰の症例 【藤沢市のスポーツ整体はたちばな通り整骨院】

2018/12/05

日付:2019年1月

 

患者データ:藤沢市在住、小学生、10代、男性、サッカークラブ所属

 

疑われる疾患と主訴:足首の捻挫、足首の痛み、前距腓靭帯損傷の疑い、スポーツ活動不可能、後遺症への不安

 

動機:スポーツの怪我が得意そうな印象で来院。

 

エピソード:親御様と来院されました。通常の歩行は不可能です。

 

NEEDS判定:捻挫しても動かせることに驚いた。癖を教えていただき将来の不安もなくなった。と報告。

 

患者様からのADVICE:捻挫しても動かせるのでぜひ受けてみたほうがいい。とのこと。

 

 

期間と回数:6週間 5回

 

施術内容:全身機能検査、病態検査、生活スタイルと食事のアドバイス、リハビリ、トレーニングのアドバイス、スポーツ整体、セルフエクササイズ、テーピング

 

副作用・リスク:損傷部位に負担のかかる動作を避けながら通常のスポーツ活動へ、テーピングでリスクヘッジしながらスポーツへ復帰。

 

考察:試合が近く、なんども負傷しているので後遺症(緩くなる、再発する)などに注意を起きながらプランを作成。経過は良好で、修復の遅延がなくスポーツに早期復帰を果たせた。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

たちばな通り整骨院TOPへ

たちばな通り整骨院施術の様子