Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

長引く足首の捻挫の痛みの原因と対応方法の症例 【藤沢市のたちばな通り整骨院】NO35

2018/12/17

fullsizeoutput_25f

日付:2018年10月

 

患者データ:藤沢市在住、小学生、10代、サッカークラブ在籍

 

疑われる疾患と主訴:足首の痛み、足首の捻挫、足首の腫れ、足首の捻挫の後遺症

 

動機:他院で1ヶ月治療しましたが良くならず紹介されて来院。

 

エピソード:お母様と来院されました。痛みのある足をかばい、足がつけない状況でした。

 

NEEDS判定:最初の治療でかなり軽減し数回で回復できて良かった。と報告を受ける。

 

患者様からのADVICE:長引く痛みでお困りでしたら相談してみてください。とのことです。

 

 

期間と回数:8週間、7回

 

施術内容:スポーツ整体、全身機能検査、病態検査、食事や生活スタイルのアドバイス、早期復帰へのプランニング

 

副作用・リスク:初期施術では修復サイクルを再開させるために鎮痛物質が患部から体内に放出されるので一時的な痛みの増加がある。運動はできる範囲で許可。負傷のリスクは説明。

 

 

考察:炎症→修復→回復→リハビリ→トレーニングの回復サイクルがありますが修復の過程で止まっている状態でした。まずはそのサイクルを再開させて、栄養と循環を促し、忘れてしまった運動機能を再教育していきました。痛みの原因がわかれば運動していいことがわかり、できない心配が減るので反回神経の作用が減少する。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

たちばな通り整骨院TOPへ

たちばな通り整骨院施術の様子