Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

交通事故でムチウチ、頚部捻挫の症例 【藤沢市のたちばな通り整骨院】No38

2019/01/17

日時:2018年12月

 

患者データ:50代、男性、会社員、鎌倉市在住、デスクワーク

 

疑われる疾患と主訴:交通事故によるむち打ち、頚椎捻挫の疑い、首の痛み、腕の痛み

 

動機:通いやすく、交通事故での怪我の対応が良いと聞いた為と報告。

 

エピソード:自動車で停止中に後方より追突された事故のようです。スピーどがあった為衝撃がすごかったとのこと。追突してからは痛みを感じなく、数時間たってから腕と首に痛みが出てきた為病院へ受診。頚部捻挫とむち打ち症と診断。初めての経験の為痛みと不安な症状で来院。腕は抱えていた。

 

NEEDS判定:非常に状態がよくなった。と報告

 

患者様からのADVICE:最後まで定期的にしっかりと通うことが大切。と報告。

 

期間と回数:5ヶ月  週に3〜4回

 

施術内容:高周波、キネシオ、湿布、整体、エクササイズ

 

副作用・リスク:交感神経の症状(めまい、悪心)に注意をしながら施術を計画、安静にしすぎず積極的な運動で通常の生活に戻していく。身体に加わる衝撃が交通事故は大きい為、身体への影響が強く症状が不安定に出現することがあるので、安定するまでリハビリが必要。

 

考察:仕事が休めず仕事を行いながら施術を行う、重力的な影響と、交感神経系の影響が関わりやすいので身体的、精神的なケアも必要になる。感情的な症状も頭の片隅に入れて施術を進めていく。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

たちばな通り整骨院TOPへ