Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

足首の捻挫のスポーツ整体 【藤沢市のたちばな通り整骨院の症例】No41

2019/02/07

日付:2018年10月

 

患者データ:高校生、男性、サッカー部

 

疑われる疾患と主訴:足首の捻挫(ATF、CF、二分RIGの疑い)

 

動機:部活動の後に施術ができるところを探して来院したとのこと。

 

エピソード:足をうまくつけない状態で来院されました。試合も近いので早期の復帰を望んでいました。

 

NEEDS判定:足首の捻挫が早期によくなりました。と報告。

 

患者様からのADVICE:駅から近いので痛くても通いやすい。

 

 

期間と回数:2週間、4回  その後リハビリ2週間、3回

 

施術内容:スポーツ整体、全身機能検査とエクササイズ、セルフケア、可能な限りのスポーツ活動の温存、最小限のテーピングと再発予防

 

副作用・リスク:過度な練習に注意、焦る気持ちをサポートしながらF/U、再負傷のリスク管理

 

考察:損傷度を見極められると、積極的な施術が可能となり、競技復帰への可能性が向上する。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

たちばな通り整骨院TOPへ