Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

藤沢のスポーツ整体【肉離れのスポーツ整体の症例】

2019/03/22

日付:2018年9月

 

患者データ:10代、小学生、スポーツ活動あり、男性

 

疑われる疾患と主訴:ふくらはぎの肉離れ(疑い)によるスポーツへの参加ができない

 

動機:スポーツに復帰したい、HPをみた

 

エピソード:スポーツ活動中に負傷。跛行がみられ歩行、走行共に不可。表情も苦痛を浮かべていた。

 

NEEDS判定:試合の1ヶ月前でかなり痛かったのがよくなり、試合にはいい状態で臨めたと報告

 

ADVICE:親切だから見ても立ってください

 

期間と回数:3週間、5回

 

治療内容:肉離れのスポーツ整体、MCR、栄養指導、成達指導、テーピング

 

副作用・リスク:幹部の修復具合を詳細に確認しながらリハビリを行わないとオーバーUSEになる

 

考察:修復に必要な栄養・睡眠・休息に加え患部への酸素や栄養の供給が行われたと考えられる

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

 

藤沢市のたちばな通り整骨院TOPへ