Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

妊娠中の坐骨神経痛の症例 【藤沢市のマタニティ整体はたちばな通り整骨院】 No55

2019/08/15

日付:2019年5月

 

患者データ:女性、妊娠中、30代、藤沢市在住、既往歴:ギックリ腰・腰痛・肩こり・頭痛

 

疑われる疾患と主訴:坐骨神経痛、臀部の痛み、足のしびれ、足が痛くて生活が困難

 

動機:妊娠中の臀部の痛みで困っていて対応している院を探していた。と回答。

 

エピソード:臀部の痛みと、施術の内容を心配しているのか、不安な顔で来院されました。

 

NEEDS判定:他の院では強く施術され怖かったが、こちらでは体に気を使っていただき安心して施術が受けられました。1回で回復して驚きました。と回答。

 

患者様からのADVICE:妊娠中などのいつもと違う状態の時はこちらに相談するのが良い。と回答。

 

期間と回数:7週間 5回

 

施術内容:全身機能検査、病態検査、生活リズムと食事のアドバイス、セルフケア、全身整体、マタニティ整体、セルフエクササイズ

 

副作用・リスク:妊娠中の為、緊急時の対応と、腹部への影響に注意して施術を行う必要がある。

 

考察:腰部の疾患がない場合、身体機能検査により、重心や関節の状態を検査し、最適な刺激で施術を行いプランニングが必要。このプランニングが産後にも影響するのでその場しのぎなプランでは産後まで影響してしまう。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

藤沢市のたちばな通り整骨院TOPへ

藤沢駅南口のたちばな通り整骨院施術の様子

藤沢駅近くのたちばな通り整骨院ボランティアトレーナー