Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

有痛性外脛骨のサッカークラブ所属小学生の症例 【藤沢の整体はたちばな通り整骨院】 No62

2019/09/19

 

日付:2019年6月

 

患者データ:藤沢市在住、女性、10代、サッカークラブ所属、既往歴:肉離れ・足首の捻挫・扁平足・外反母趾

 

疑われる疾患と主訴:有痛性外脛骨、足首の内側の痛み、内くるぶしの痛み、足が痛くて走れない

 

動機:痛みがあり、サッカーの練習ができない為来院。と回答。

 

エピソード:足の痛みの為、サッカーの練習を休みがち、かばいながら歩き来院。

 

NEEDS判定:痛みがなくなっていくのがわかりました。と回答。

 

患者様からのADVICE:行くたびに痛みがなくなるのでおすすめです。と回答。

 

 

期間と回数:5週間 6回

 

施術内容:全身機能検査、病態検査、生活リズムと食事のアドバイス、セルフケア、スポーツ整体、EMS、高周波治療機器、MCR、セルフエクササイズ

 

副作用・リスク:修復サイクル促進の為、一時的な疼痛の増減がみられるので事前の説明が必要。

 

画像と動画:

 

 

考察:繰り返す有痛性外脛骨の痛みは患部と全身機能検査が重要。扁平足や体感・股関節の筋力や柔軟性もポイントとなる。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

藤沢市のたちばな通り整骨院TOPへ

藤沢駅南口のたちばな通り整骨院施術の様子

藤沢駅近くのたちばな通り整骨院ボランティアトレーナー