Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

オスグッドの痛みの症例 【藤沢のたちばな通り整骨院】 No67

2019/10/21

 

日付:2019年9月

 

患者データ:中学生、男性、藤沢市在住、サッカー部、既往歴:肉離れ・足首の捻挫・シーバー病

 

疑われる疾患と主訴:オスグッドの膝の痛み、膝が痛くて走れない

 

動機:オスグッドを丁寧に対応してくれそうだったので来院。と回答。

 

エピソード:膝の痛みの為、かばいながら歩いて来院。数ヶ月、普通に歩けない状態に参っているようでした。

 

NEEDS判定:痛みが取れて、マネージャー扱いされていた部活に復帰することができた。と回答。

 

患者様からのADVICE:悪化しないうちに迷わずみてもらった方がいい。と回答。

 

 

期間と回数:5週間 4回

 

施術内容:全身機能検査、病態検査、生活リズムと食事のアドバイス、セルフケア、全身整体、、EMS、高周波治療機器、MCR、セルフエクササイズ

 

副作用・リスク:修復サイクル促進と瘢痕組織の分解の為、一時的な疼痛の増減がある。

 

画像と動画:動画はこちら

 

考察:動作の機能障害と、修復の機能障害・もしくは停止状態で身分化の細胞が周辺にあったと推測される。新生血管も多く、疼痛の閾値も低かったと考えられる。その為、除去から開始し、正常なサイクルを取り戻す必要がある。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

藤沢市のたちばな通り整骨院TOPへ

藤沢駅南口のたちばな通り整骨院施術の様子

藤沢駅近くのたちばな通り整骨院ボランティアトレーナー