Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

足首の捻挫 高校生 男性 1回目 【スポーツ整体】藤沢市たちばな通り整骨院の症例 No70

2019/10/31

日付:2019年10月

 

患者データ:男性、高校生、運動部、静岡県在住、既往歴:むち打ち、腰椎椎間板ヘルニア

 

疑われる疾患と主訴:足首の捻挫、足首が痛い、足首の靭帯損傷、足首が痛くて走れない

 

動機:2日前に怪我をして、10日後に試合があり、なんとかしたいと思い静岡県より来院。

 

エピソード:松葉杖を使用し、荷重は不可能でした。

 

施術内容:全身機能検査、病態検査、生活リズムと食事のアドバイス、セルフケア、スポーツ整体、EMS、高周波治療機器、MCR、セルフエクササイズ

 

副作用・リスク:修復サイクル促進の為、一時的な疼痛の増減があるので事前の説明が大切である。荷重を行う為、転倒のリスクを説明する必要がある。

 

画像と動画:動画はこちら

 

考察:靭帯損傷は、適度な刺激で修復へのサイクルが働く。再負傷のリスクに供えながら、動作を確認していく。注意して動作や運動を正常化していくことが回復への近道になる。回復の参考になれば幸いである。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

藤沢市のたちばな通り整骨院TOPへ

藤沢駅南口のたちばな通り整骨院施術の様子

藤沢駅近くのたちばな通り整骨院ボランティアトレーナー