Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

ギックリ腰の症例 【藤沢 整体 保険対応】 たちばな通り整骨院  No75

2019/11/29

日付:2019年7月

 

患者データ:40代、女性、主婦、藤沢市在住、既往歴:寝違え・肩こり・頭痛・足のしびれ

 

疑われる疾患と主訴:腰の痛み、ギックリ腰

 

動機:友人に勧められて来院。と回答。

 

エピソード:家事中に負傷され腰をかばいながら来院されました。

 

NEEDS判定:大変親切で、施術も丁寧で良い。と回答。

 

期間と回数:12週間  15回

 

施術内容:全身機能検査、病態検査、生活リズムと食事のアドバイス、セルフケア、リハビリ、全身整体、EMS、高周波治療機器、MCR、セルフエクササイズ

 

副作用・リスク:修復サイクル促進のため、一時的な疼痛の増減がみられる場合があるので事前の説明が必要。主婦のため、安静が難しいので正しい動作の獲得が重要となる。

 

考察:ギックリ腰は何気ない、体の準備が不十分な動作の際に発症する確率が高く、重量物の移動や考える動作では極めて少ない。無意識化で対応できる体作り=柔軟性や筋力の維持が重要である。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

藤沢市のたちばな通り整骨院TOPへ

藤沢駅南口のたちばな通り整骨院施術の様子

藤沢駅近くのたちばな通り整骨院ボランティアトレーナー