Clinical Caseたちばな通り整骨院症例・研究集
VOICE

肩板損傷(肩の痛み)、ギックリ腰(腰の痛み)の症例 【藤沢/ギックリ腰/肩板損傷/整骨院/スポーツ整体/腰の痛み/藤沢駅】たちばな通り整骨院 No98

2020/02/10

日付:2019年12月

 

患者データ:藤沢市在住、60代、女性、主婦、既往歴:ギックリ腰・ムチウチ・寝違え・腱鞘炎

 

疑われる疾患と主訴:肩板損傷、肩の痛み、腕が上がらない、腰の痛み、ギックリ腰

 

動機:娘の紹介で来院。と回答。

 

エピソード:自宅の家事動作で負傷。アームの長い作業を繰り返していた際に負傷され、腕を抱えるように来院。

 

NEEDS判定:すっかり良くなりました。と回答。

 

患者様からのADVICE:親切・丁寧な院ですのでおすすめです。と回答。

 

期間と回数:12週 15回

 

施術内容:全身機能検査、病態検査、生活リズムと食事のアドバイス、セルフケア、スポーツ整体、EMS、高周波治療機器、MCR、セルフエクササイズ

 

副作用・リスク:修復サイクル促進による疼痛の増減とADLの再負傷に注意しながらプランを作成。

 

考察:アームの長い作業を繰り返していたため、腱の脆弱性が出現し負傷。代償動作で腰の負傷。ADLを考慮した安静と活動維持の施術プランを作成。

 

※あくまでも個人のケースであり効果効能をお約束するものではありません。あくまでも症例・研究データで発表しているものです。

 

 

 


症例や当院の印象や感想にご協力ください(文章をクリック)

藤沢市のたちばな通り整骨院TOPへ

藤沢駅南口のたちばな通り整骨院施術の様子

藤沢駅近くのたちばな通り整骨院ボランティアトレーナー